つむじはげには亜鉛を取ろう

コップで水を飲む

いろんなサイトで、つむじはげに「亜鉛」は効くのか??という議論がなされていますが、個人的には効果がありました。亜鉛を毎日飲んでいたら、たしかに抜け毛が少なくくなりました。髪の毛は増えませんでしたけど。

 

 

そのためはげというより、亜鉛は「抜け毛」予防に効果がありそうです。

 

 

実際亜鉛は、食べ物からとるとなるとなかなか大変で、サプリで一錠づつ毎日飲んでいるほうが、楽ですしね。

 

 

亜鉛は薄毛の対策になる

なるほどと気づく男

亜鉛は人間の身体に必須の脂肪分裂や代謝に必要なミネラルです。

 

 

頭皮には、たんぱく質の一種の「ケラチン」という構成要素があって、これが頭皮のほとんどの部分を占めています。

 

 

たんぱく質は亜鉛がないと「ケラチン」になることができないんですね。つまり亜鉛はタンパク質から「ケラチン」を生成するのに必須のミネラル。

 

 

だから、タンパク質と亜鉛は両輪の花ということですね。

 

 

亜鉛は、なかなか食べ物だけでとるのは難しいです。だいたい一日の必要量の半分くらいしか摂れてないようです。

 

 

亜鉛はジャンクフードや加工食品などや、お酒を飲んだりすると亜鉛の消費があがります。

 

 

亜鉛は体内では作ることができないので、食べ物やサプリでとるしかないんですよね。

 

 

亜鉛の含まれている食べ物

 

 

亜鉛は男では一日9r 女性は7r必要です。

 

 

牡蠣(13.2r)
煮干し(7.2r)
ビーフジャーキー(8.8r)
チーズ(7.3r)
レバー(6.9r)
牛肉(5.8r)
ごま(6.0r)
煮干し(7.2r)
するめ(5.4r)

 

 

こんな感じで食べ物にも亜鉛が入っている。ただ、この食べ物はしょっぱいものが多いので、たくさん食べると塩分摂りすぎになるので、気を付けてください。

 

 

亜鉛が特に必要な人

 

ストレスが多い人

 

仕事のストレスなどがあると、亜鉛の消費量があがります。ストレスを感じている人は亜鉛を飲むと体調も良くなってきます。

 

 

肉体労働に人

 

身体を使う仕事の人も亜鉛の少量が大きです。たんぱく質と一緒に、亜鉛を取ると肉体疲労も回復が早いです。

 

 

お酒を飲む人

 

お酒の量が多い人は、アルコールが体内で分解されるときに亜鉛を消費します。

 

 

亜鉛の消費が激しいと抜け毛が増える可能性が高いので、亜鉛をしっかりとっていきたいです。

 

 

食事がインスタントものや脂っぽいもんが多い

 

インスタント食品や脂っぽいものは食事から亜鉛をとることができないので、サプリで亜鉛を補充したほうが無難です。

 

 

これも髪の毛にダメージを与える可能性が高いです。

 

 

亜鉛を飲んでいた時の効果

ポイント

 

私は「つむじはげ」になりかけて、シャワーであまりにも抜け毛が多くてほとほとこまっていました。

 

 

そんなときに、亜鉛を飲んでいると、やはり抜け毛が止まってきたんですね。

 

 

もちろん、酒の量とか、たべものも野菜を食べるようにしましたが、やっぱり食べるものと栄養を整えると髪の毛にすぐに表れてきます。けっこう早かったです。

 

 

ですので、亜鉛はつむじはげがあるひとなら飲んで損はないです。ものすごく効果があるというわけではないですが、どのみち体には必須のミネラルですし、男にとっては精子が濃くなりますしね。そっちの効果もありました笑。

 

 

髪の毛に悩みがある人なら亜鉛はしっかりとってくださいね^^

 

 

 

トップページ